産学連携機構九州について

産学連携機構九州のめざすもの

企業理念

株式会社産学連携機構九州(九大TLO)は、2000年1月に設立され、同4月に承認TLOの許可を受けた九州大学の特定関連会社です。技術移転に関わる様々な事業はもとより、産学官連携による様々なビジネスプロジェクトを展開しています。

私たちは、「協働、共創の理念による産学連携」「大学の知的資源を活かした新事業、新産業の創造」「産業や地域のかかえる課題解決への貢献」という3つの企業理念を念頭におき、産学官連携エコシステムのハブとして、国、自治体、産業界をはじめとしたクライアントの皆さまの発展に貢献します。

産学連携

大学の「知」を活用した産学官連携事業の展開

私たちは、九州大学で生まれた「知」の社会還元を目的とし、「ライセンス事業」「ビジネス・創業支援事業」「コンサルティング事業」「地域イノベーション事業」の4つの事業を柱に、それぞれの事業を有機的に組み合わせながら、大学と産業界、地域の橋渡し役となるべく各種サービスを提供して参ります。

産学官連携事業の展開

産学官連携エコシステムのHubとなる

産学官連携プロジェクトの高度化には、複数のステークホルダーがパートナーシップを組み、互いの知恵や技術、リソースを活かしながら活動を共にすることで、業界の枠や国境を越えて広く共存共栄していく仕組み(=「産学官連携エコシステム」)の構築が必要と考えます。私たちは、産学官連携のハブとしての役割を担います。

ロゴについて

ロゴについて

『編み目のようなイメージによって、人と人とのつながり、ソーシャルグラフを、面ではなく立体的に表現しました。』
作成者:甲斐 舞子さん
(当時、九州大学芸術工学部4年)

  • 産学連携機構九州 総合研究事業
  • 産学連携機構九州 九州PPPセンター
  • 農林水産物の輸入促進研究開発プラットフォーム@九州・沖縄
  • 特許情報
  • HPTチーム力診断サービス
  • 産学連携機構九州 facebookページ

ログイン

アカウントお持ちの方はこちらからログインしてください。