事業内容

知のサービス事業

企業等に向けて、特許、各種著作物、ノウハウといった大学発の知的財産を、大学と一体となってライセンス等により提供するほか、大学の知的財産を活用した研究用サンプルの提供や、大学と連携した研究開発等を広くコーディネートすることにより、企業等の事業開発、商品開発を支援します。

特許、ノウハウ等のライセンス

大学発の知的財産を広く企業等にライセンス実施します。

特許情報等プロモーション活動

特許情報

九州大学発の特許等発明情報をご紹介します。(一部会員サービス)

九州大学技術シーズ活用

大学シーズ、ノウハウの活用を求めておられる全国の企業・団体の皆さまからのご要望を受けて、コーディネートを行うほか、研究者からの技術提供に関する情報と、事業化の可能性のある企業・団体に対するプッシュ型の営業活動も推進しています。

特許、ノウハウによって創出された研究支援素材、商品開発用の材料等の販売を行っています。

物品販売事業 [クビフリンの研究用販売]

クビフリンロゴ

クビフリンは、日本産マナマコの周口神経細胞から発見されたアミノ酸5個からなる短いペプチドです。クビフリンを産卵期のナマコに注射すれば、放卵・放精行動を開始し、安価で簡単かつ確実に産卵を誘発することができます。(特願2008-216517)

  • ※研究用途に限定(試験、研究用途に限り使用するものです。一般販売はしていません。)
  • ※作製には3ヶ月かかりますので、20本以上ご注文頂く際は、恐れ入りますが、3ヶ月前までにご注文頂けますようお願いいたします。

物品販売事業[グラフェン(単層)]

高品質グラフェンのウエハサイズ・サンプル提供

夢の物質、未来の材料として注目されている二次元原子膜材料「グラフェン」。
炭素原子1個の厚みしかないシートにもかかわらず、優れた電気伝導特性、高い光透過性、高い強度と柔軟性などといった物性を併せもち、様々な従来物の代替だけでなく、既成概念を超えるモノにつながる可能性も秘めています。

エピタキシャルCVDグラフェンのラマン分光法

期待される応用分野:超高速デバイス、高感度センサー、透明電極、ガスバリア膜、テンプレート基板 など
高結晶性の金属触媒を用いたエピタキシャルCVD法により、シート内の欠陥が少なく、かつ、原子一層のみからなる高品質のグラフェンをウエハサイズでの合成に成功しております。



(九州大学・グローバルイノベーションセンター
・吾郷研究室の研究成果)
外部リンク
電界効果型トランジスタ(2端子FET)試作の評価例

サンプル態様は、単層グラフェン/銅/サファイアで構成される基板状で、4インチ(径100mm)、 2インチ(径50mm)、10 mm□、5 mm□のサイズでご提供致します。
(上記以外のサイズや転写加工など、可能な限り対応致します。お問い合わせください。)

エピタキシャルCVDグラフェンの4インチウエハ

背振牧場における「Q Beef」生産事業

背振牧場における「Q Beef」生産事業

背振牧場(福岡市早良区板屋)において九州大学ブランド和牛「Q Beef」を生産しています。Q Beefは放牧を中心に肥育した黒毛和牛です。子牛の 時期に草の栄養を効率的に吸収するような体質を獲得させ、肥育期間中は穀物飼料を一切与えず、草のみで仕上げます。その牛肉はイノシン酸など草由来の旨み成分と黒毛和牛本来がもつ脂肪の旨みを併せ持った赤身肉です。
この九州大学が開発した飼養方法は、輸入穀物飼料への依存度が通常の和牛肥育の4分の1から5分の1の生産方法であり、植物資源をタンパク質に変換するという生産自体が新しい、エシカル(倫理的)なマーケットとして、日本の植物資源循環を目指した次世代型牛肉生産システムです。安全で良質な牛肉生産を実現し、消費者と一体となって日本の国土を守るという付加価値を認める新規マーケット構築を目指しています。

  • 産学連携機構九州 九州PPPセンター
  • 農林水産物の輸入促進研究開発プラットフォーム@九州・沖縄
  • 特許情報
  • 産学連携機構九州 facebookページ

ログイン

アカウントお持ちの方はこちらからログインしてください。